ブランド古着買取店の日本一を目指して

BETTER CALL BROSKI
代表 樋口 智彦

1989年 東京都出身。
2013年 「株式会社ストライプインターナショナル」に入社。セレクトショップで働いた6年の内、4年間を店長として渋谷路面店などで勤務。
その後、2020年「MCM Fashion Group Japan株式会社」に入社。約2年間、都内百貨店や銀座路面店にて勤務。コロナ禍の中、本当に自分がやりたい事が何かを考えた時、ブランド古着店のバイヤーを勤めていた弟と今までにないブランド古着屋を作ろうと決意。
2021年 「BETTER CALL BROSKI」を開業。

貴社のビジネスについて教えてください

 当店は、宅配買取専門として2021年に創業しました。商材については、約8割が洋服で、残りがバッグや靴の小物類になります。これまでに培ってきたファッション業界での経験を活かした、唯一無二のお店作りを心がけています。

 買取方法は宅配買取のみを行っております。現状、店舗は構えていません。良い商品を仕入れるというところに集中しています。良い商品を仕入れることができれば、お客様に良いものを届けることができるので、おのずと集客数の増加に繋がってくると考えています。

 販売方法は自社サイトでの販売や既存のECサイトに出店、またメルカリやヤフオクを活用して行っています。

今後の展望について教えてください

 現在は国内のみでの販売ですが、今後はebay等を活用して海外に販路を拡大していきたいと考えています。また、我々がアパレル業界出身ということもあって、その知見を活かして今までにないブランド古着の店舗を出店しようと思っています。

 また、認知度やブランド力を高めるためにwebに関して強化していきたいと考えています。web戦略でまずは地域で一番の宅配買取専門店になり、その後は都内、そして全国へ施策を行っていけたらと思っています。

 未来の話ですが、今の事業が軌道に乗った後には、リユース業の垣根を超えて、動物愛護等などの社会活動にも取り組んでみたいと思いますね。環境に良い取り組みを積極的にやっていきたいです。

どんな人材を求めていますか?

 創業して間もないということで、現状は兄弟二人で運営を行っています。バイヤーをしていた弟がメインに買取を行っています。会社の立ち上げ期なのですぐに人を採用するということは考えていませんが、専門的な強みを持っているバイヤーさんは将来的に採用したいと考えています。具体的には、インポートブランドに強い方や高級時計に関して知見がある方々ですかね。

 将来的に店舗を持つことを構想しているので、その際には多くの方の力が必要になると思いますので、お力添えしていただけるとうれしいです。

 お客様に納得してもらえる唯一無二のブランド古着店として、業績と知名度ともに今後も飛躍して参りますので、よろしくお願い致します。

BETTER CALL BROSKI

https://www.bettercallbroski.com

1 個のコメント